スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンコールワット … ?
2009.01.18 (05:39) diarycomment(0)

旅のつづき。

先ずはアンコールワットに始まりその周辺へ行きたかったけど、
ホテルからどうやって行くかも調べていなかった私達
ガイドブックは持ってたけど、何故かそこのところについて記述がなかった (泣)
とりあえず、ホテルのマネージャーさんにお聞きしたらトゥクトゥクがオススメとの事、
値段交渉をして、ちょっとだけ安くしてもらいましたょ~ (笑)
翌朝8時にお迎えなので、夜9時頃には早々に就寝


当日の朝。朝食もあっさり済ませてからお出かけです!!

初体験のトゥクトゥク!!!
バイクに屋根付の荷台(ソファタイプのイス)がついた乗り物で、
風を感じながらデコボコ道をズンズン進むのが気持ちよくて楽しいぃ~♪



車・バイクタクシー・トゥクトゥクのドライバーさん、
正規の方は公認ベストを着用してるので安心です。
私達がお世話になったno.5727のサンバさん、
カタコトの英語が出来るので何とか意思の疎通が出来た。
結局3日間、私達の我がままツアーにお付合いいただきました~。



上の画像、市内はの大きな道路が舗装されているけど
ホテル前などとか小道、少し離れると茶褐色の土の道路になるので、
土ぼこりが~スゴイんですょ~!!! 目も鼻も耳にもはいるのです。
ベトナム製のお花柄カーテンをリメイクして作ったスカーフ、
ここぞとばかりに威力発揮 (笑)
主人は旅行会社さんからいただいた緑色チェックのスカーフを、
毎日ドロドロになるまで使って乗り切りました。

さてやっと、アンコールワットの回まできました。
遺跡巡りに遠くまで、殆どの観光箇所には足を延ばしましたが
やはりカンボジア=アンコールワットと言われるのには納得。
広大な敷地内の遺跡、保存状態が素晴らしく良いんです。



西参道正門から約350mの石畳、周りは環濠(お堀の様な感じ)が広がっています。
環濠を渡って最初にあるのが西塔門、これだけでも圧巻です!!!




つづく・・・。





スポンサーサイト
prevhome next












home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。