スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シェムリアップ・・・?
2009.01.14 (02:39) diarycomment(0)


今回私達が利用したのは日本の旅行会社さんです。
なのでガイドさんはカタコトの日本語が出来ます。
この日お迎えに来てくれた男性ガイドさん、
とにかくオプションの押しが強くタジタジな私達。
ホテルへ着くまで日本語でかかれたオプションの説明、
年末なので早く予約しないと取れないからねと押しまくるのには参った (笑)



車の外をゆっくり見る事もなくホテルへ到着、
ここのロビーでも押しまくるガイドさん。
はじめはやんわりお断りしてて
「必要になったら後で電話しますね」と言ったら
「何時に電話してくれますか?」ときたもんだ。
これはハッキリ言わないとね・・・(笑)
私達はまだ何も決めていないのでごめんなさい・・・と伝えたら
すんごい落ち込みようのガイドさん・・・悪い事しちゃったなぁ~、ゴメンネ。

ロビーに、首からの石像と金のまねきねこ (しかも手が自動で動く!!!)があった。
わかり辛いけど、1番左のクーラー上にネコちゃん居ます (笑)



お部屋での不思議・・・
ベットの間に「Welcome」と浮き彫りになったバスマットが・・・。
このバスマット、踏んじゃうのが悪くて初日にズラしてみたんだけど
これから毎日ここの場所に陣取るのであった (笑)



さて、アンコールワットに行きたいのは山々だけど
落ち着いたのがお昼過ぎだったのもあり、この日は街ブラする事に。

遅いランチを何処で食べるか???
私がネットの書込みで調べていた「安くて美味しいお店」のリーリーへ。
ガイドブックには「LiLi」となってたけど、「LyLy」が正解。



で、メニュー見てまた驚いた。や・や・安いんです。
ちゃんと英語表記とドル表示もあって、
アイスコーヒー $0.5、ヌードル $1.25、チャーハン $2。
二人でいっぱーい食べても$10いかなかったし美味しいの~♪
結果、それから毎日ここに通ったのは私達夫婦です (笑)



お腹もいっぱいになったので~、てくてく歩き開始!!!
Angkor National Museum (アンコール国立博物館)では
アンコールワットの展示物なども見ることが出来ます (有料)。



つづく・・・。




スポンサーサイト
prevhome next












home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。